水回り別の水のトラブル

水回り別の水のトラブル 普段生活している中で、キッチンや洗面所、お風呂やトイレ、洗濯機など水を使用する水回りはいくつかあり、そのどれもが生活をする上で欠かせないものです。そしてそのほとんどが毎日使用しているものではないでしょうか。食事を作る、体や髪の毛を清潔にする、衣類を洗濯するなど、水がなくては使用することができない場所ですが、水に関するトラブルもつきものです。

■住居内の水のトラブルは意外と簡単に起こってしまう

これまで水のトラブルを経験したことがないという人も多いのではないでしょうか。一方でこれまで何度も水のトラブルを経験したという人もいます。経験したことがある人とそうでない人に大きな違いはありませんが、水回りの使い方などはやはり差が出てしまいます。住居内で起こるトラブルとして挙げられるのは配管や排管、蛇口などからの水漏れ、排管のつまりなどです。キッチンや洗面所、お風呂やトイレ、洗濯機などで起こることで、被害の大きさは異なりますが、一時的に水回りを使用することができなくなる、汚水などが溢れることで衛生上の問題が生じてしまうなど、さまざまな被害が考えられます。マンションなどの集合住宅の場合は自分が住んでいる部屋だけでなく、下の階の部屋にも影響を及ぼしてしまう可能性もあるので損害賠償を請求されることもあり、トラブルを放置すると被害はさらに大きくなってしまいます。

■トラブルが起こった時にはまずどうするのか
水が止まらない、溢れている、つまってしまったなど水周りでトラブルが起こると多くの人は慌ててしまい、なかなか冷静に対処することができない場合もあります。しかし慌てていてもトラブルが解決するわけではありませんし、パニックになってしまうとさらに事態を悪化させてしまう可能性もあります。水が止まらない時は水道の元栓をしめることで強制的に水を止めることができますし、詰まりはラバーカップを準備しておくことで対処することができます。万が一に備えて、すぐに対処できる対策をしておくことでトラブルが起こっても冷静に対処することができるのではないでしょうか。また焦っている状態で修理業者を選ぶと悪質な業者に引っかかってしまう可能性も高くなることから、落ち着くことはとても大切です。水を止めたら、自分の住んでいる地域を管轄している水道局に連絡を入れて水道局が認定している指定工事事業者を紹介してもらうことで、修理の依頼もスムーズに進めることができます。

■集合住宅の場合は特に注意が必要な水のトラブル

一戸建ての住宅の場合は水が溢れた、排管がつまったという場合でも被害は自分の所有している住宅や土地で済むことが多いのですが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は自分が住んでいるスペースだけではなく、他の住民が生活しているスペースにも影響を与えてしまう可能性もあります。浸水したことによって家電や家具の弁償を要求されることもあり、マンションやアパートなど建物自体にも被害が及んでいる場合は大家さんや管理会社から修繕にかかる費用を請求されることも考えられます。集合住宅に住んでいるという人は火災保険などに加入していることがほとんどですが、水漏れなどの賠償をカバーする保険は単体では販売されていません。特約に水漏れなどのトラブルの賠償を行う保険があるので、万が一に備えて加入しておきましょう。保険の加入をしていない状態で賠償請求をされてしまうと高額なケースが多いことから、支払いが困難になる可能性が高くなります。

■まとめ
たかが水のトラブルと言っても放置することで被害が大きくなることも珍しくありません。被害を大きくしないためにも見つけたらできるだけ早めに対処しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース